MENU

痩せるスープでダイエットをする

スープダイエット,作り方,レシピ,アレンジ

 

この頃人気のダイエット方法に、脂肪燃焼スープを使った痩せるスープでのダイエットがあります。

 

あらかじめ決めてあるダイエットスケジュールに合わせて痩せるスープを飲むというダイエット方法で、食事内容が一式決まっています。

 

1週間の間、ダイエットメニューを摂取するのが痩せるスープでのダイエットです。
1週間のような短いダイエットは、先の長い数カ月単位のダイエットと異なり、ストレスが少なく済みます。

 

・決まった期日までにダイエットをしたい人
・いきなり増えた分の体重を急遽減らしたいという人

 

にはぴったりのダイエットといえます。

 

痩せるスープのダイエットでは、1週間の食事メニューがほぼ指定されていますが、調達しやすいものばかりです。

 

スープダイエットの魅力

複雑な方法だと頭が混乱するという人でも、軽い気持ちで着手できようなやり方のダイエットです。

 

どこのスーパーでも販売しているような果物や野菜を食事に用います。
そのため、特別な出費をすることなく、1週間のダイエットができることも痩せるスープダイエットの魅力です。

 

市販のダイエット食品を高いお金を出して購入し、ダイエット効果が高くなるようにして痩せるというイメージがあります。
ダイエット効果のある運動をしたいならば、スイミングのスクールや、フィットネスジムに行くべきという印象を抱く人もいます。

 

痩せるスープのダイエットでは、手軽に買える材料で、痩せるスープをつくればいいのですから、金銭的負担は少なく済みます。

 

痩せるスープダイエットは、食費にそれほどお金をかけずに、どんな人でも気楽にできるダイエット方法です。


痩せるスープによってダイエットをする方法

痩せるスープを作る時には、鍋にトマト缶を入れ、切ったキャベツ玉ネギセロリピーマンを加えます。
コンソメスープや、チキンスープと一緒に煮込めば完成です。

 

1週間のダイエットの間ずっと使うものですので、3日分くらいをまとめてつくってもいいでしょう。
ダイエットを実行している間は、メニューどおりに痩せるスープを摂取します。

 

  • 1日目

最初の日は、果物と痩せるスープだけを摂取します。
果物はバナナ以外のフルーツならOKで、飲み物は水か、100%の果汁ジュースのみに限定します。

  • 2日目

翌日はコーンや豆類以外の野菜と、ベイクトポテト、そこに痩せるスープを添えて食べます。

  • 3日目・4日目

次の日はフルーツと野菜と痩せるスープを、その次の日はバナナとスキムミルクと痩せるスープです。
できるだけたくさん水を飲むように心がけます。
また、スキムミルクは500mlにして飲むようにします。

  • 5日目

5日目に食べていいのは、トマト、痩せるスープ、肉類です。
肉は豚肉、ささみ、煮魚のいずれかです。

  • 6日目

6日目になったら、野菜と痩せるスープに、牛肉をつけることができます。
また、牛肉の摂取量は自由です。

  • 7日目

最後の日は、野菜、果物ジュース、玄米、痩せるスープになります。

 

いつもと違う栄養の摂取をすることになることが、痩せるスープダイエットの特徴です。
体に無理をかけずにダイエットをするように、痩せるスープダイエットでは心がけてください。

痩せるスープのデメリット

痩せるスープで行うダイエットは痩身効果が高いといいますが、知っておくべきこともあります。

 

たんぱく質の摂取量が低い食事になってしまうことは、痩せるスープダイエットでの注意点です。

 

痩せるスープダイエットの1週間メニューでは、野菜や果物の摂取量は多いものの、たんぱく質量が少ないという特性があります。
人によっては、特に意識していなくても2日くらいはたんぱく質のない食事をしていたということもあります。
たんぱく質を摂取しない生活が3、4日続いてもすぐに健康を害することはありませんので、ダイエットは成り立ちます。

 

けれども、人体は適量のたんぱく質を摂取しなければ、維持できないものです。

 

タンパク質不足にならないようにするために

肉が食べられる日は痩せるスープダイエット中にもあります。

 

意識してたんぱく質を摂取するようにしましょう。
体のことを第一に考えるのであれば、痩せるスープダイエット期間中でも肉が食べられる日には肉を食べてたんぱく質を補ってください

 

炭水化物不足にも注意

痩せるスープでダイエットをしている間は、炭水化物も不足すると言われています。
痩せるスープダイエット期間中に炭水化物を摂取できる食材はベイクトポテトやフルーツのみで、それ以外にはありません。

 

人間が生きていくためのエネルギーを得る原料として、炭水化物が必要です。
負担の大きいダイエットは体によくないですので、場合によってはパン少々をつまんでください

 

1週間という短期間しか痩せるスープダイエットができないのは、ダイエット期間中の食事バランスが健康にはよくないためです。
1週間という短い期間だからこそ、ダイエットのために特化した食生活が可能です。

 

無理なダイエットを避けるためにも、設定された期間以上のダイエットはしないようにしましょう。

スープダイエットには、基本的な作り方の他アレンジを加えて日替わりレシピを施しましょう。

スープダイエット,作り方,レシピ,アレンジ

スープダイエットとは、一週間を通じて脂肪燃焼スープを飲み、
特定の日にだけ果物や脂身のない肉や魚を付け加えるというプログラムです。

 

基本となる野菜スープの作り方

・コンブかカツオだしでニンジン・パプリカ(またはピーマン)・トマト・キャベツ・セロリ・タマネギの6種類の野菜を刻む。
・柔らかくなるまで煮て、塩とこしょう、唐辛子で味付けをする。

 

このスープはダイエットとしても理に適っていますが、毎日飲むとやはり飽きてしまうという問題があります。
そこでアレンジを加えて毎日味付けを変えることで継続する工夫が必要になるでしょう。

 

当然のことながらカロリー過剰にならないように注意します。
ポン酢・醤油・カレー・味噌・チリソース・豆乳がおすすめです。

  • ポン酢

柑橘類由来のクエン酸効果があります。

  • 醤油

抗酸化作用が期待できます。

  • カレー

脂肪燃焼を高める効果があります。

  • 味噌

サポニン・リノール酸・イソフラボン・ビタミンEによる血行改善や抗酸化の抑制効果があります。

  • チリソース

唐辛子由来のカプサイシンが脂肪燃焼効果を高める効果があります。

  • 豆乳

まろやかな味とともに皮膚の健康維持向上などの効果が期待できます。

効果抜群と評判のスープダイエットのやり方と期間、そして注意点

スープダイエット,作り方,レシピ,アレンジ

効果が高いと言われるスープダイエットをご存知でしょうか。

 

もともとは手術前の患者が短期間で脂肪を落とすための方法として広まりました。それがやがてダイエット目的で使われるようになったのです。

 

やり方はいたって簡単で、毎日の食事を野菜スープに置き換えるというものです。期間は7日間が一般的で、野菜スープと果物で過ごし、期間中2日間は肉も食べます。
この場合の肉とは茹でるか焼いた鶏肉で、皮は食べません。煮魚で代用しても構いません。

 

水分は水、お茶、ブラックコーヒーだけで、アルコールや甘味料を使った飲み物は禁止です。また砂糖などの糖分、パンやパスタなど小麦粉を使った食品も食べてはいけません。
このやり方では確かに減量効果がありますが、同時に問題点もあります。

 

まず、タンパク質の量が絶対的に足りません。タンパク質は筋肉を作るのに欠かせない成分で、これが不足すると基礎代謝量が減り、根本的な体質改善にはなりません。
もう1つは炭水化物の不足です。これに含まれる糖は人体のエネルギー源で、過度に不足すると疲れやすさや思考力の低下につながります。

 

スープダイエットをする場合はこれらの注意点も知っておく必要があります。

[スープダイエットって本当に痩せれるの?]関連情報

このページの先頭へ